TOP | RSS | ADMIN
« NEW | OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解くん

20100307104618.jpg

ぼくのあだ名は分解くん

なんでもかんでもばらんばらん♪

20100307105234.jpg

もとに戻せなかったら

ご・め・ん・ね♪


いやそれは困るのよ。

インテルのちょっと前のCM曲を思わず歌いそうなことを相方がやりはじめました。
うちの加湿器が調子が悪くなりまして、修理に出すことになったんですが、どうも
どこが壊れてるのか、中身が気になるご様子で、分解しはじめました。

エラーコードは送風ファンの故障なんですが、「送風ファンはまわってんねん・・・」
とかブツクサ言いながら、頭をひねりひねり色々いじっています。
なんか持ち上げてのぞいてみたり、「わからん」とつぶやいてみたり。
でもどこか楽しそう。

結局原因はわからないっぽいんですけどね。
相方は、納得いくまで原因を追及しちゃうタイプなので、何かするにもじっくりと
時間をかけたりするんですが、ひとつひとつ確実にこなしていくタイプ。
逆に私は仕事が職人寄りなのに、短気でせっかちで面倒くさがり。
非常に対照的であります。

ちなみにうちの分解くんは現在進行形(AM11:20)で分解中。
徐々に収拾つかなくなってる気がしなくもないんですけど大丈夫かしら。

いかなごー・・・

20100302180217.jpg

兵庫の春の風物詩、いかなご。
去年まで不漁のせいで、えらくいかなごが高かったんです。
でも今年はいかなご大漁♪と聞いたので、昨日買いに行ったら・・・

いかなごがなーーーーい!!!!(´;ω;`)
あっという間に売り切れ・・・。
目の前で最後のいかなごが売れていきました・・・。

いかなごって、小さいものを釘煮にするのが美味しいんです。
この小さいものを新子というんですが、あっという間に成長しやがるもんだから、3月
上旬が勝負時。
しかも味付けは勿論ですが、いかなごの釘煮で一番重要なのは鮮度。
炊いてしまうまでは足が速いので、水揚げしてから数時間で味が変わるもんだから、
だからみんな買ったら駆け足で帰って即座に炊くわけです。
できれば午前中に買いに行って、午前中のうちに炊くのが望ましい。

だから!こっちは予定をあけるわけですよ!!(怒)
午前中のうちに炊けるように頑張るわけですよ!
なんですけど、関西のおばちゃまの威力にはまだまだ私ついていけてないところがあり、
「いかなご入りましたー!」のお店の方の叫び声とともにわらわらと群がるおばちゃま
達に押しのけられて、あれよあれよというまにどんどん意思とは間逆にいかなごから
遠ざかり・・・漫画みたいな光景ってホントにあるんだと思っちゃいました。
私ブロッコリー売り場のあたりでくるくるまわってました。

ちなみに、釘煮といっても釘を入れるわけじゃありません。
炊きあがったいかなごが釘のように見えることから、釘煮というんだそうです。

今週中に頑張っていかなごを炊きます。
決意表明。

ちょっとだけ本気

20100228122425.jpg

うちのマンションは、外国人の方も多くお住まいです。
割と欧米系の人を多く見かけるんですが、どうもうちの隣に新しく引っ越してきた方も
そっち系の方みたいです。
たまーに郵便受けや近所のスーパーでお会いするのは、スウェーデンから仕事で来られた
ベッピンのお姉さんだったり。いやほんとベッピンさんでスタイルもいいんです。

でもひとつ困るのが騒音問題。
土曜の朝からズンズンズンドコ、氷川きよしもびっくりな大音量ベース音が響いたり。
明らかに何か作ってるだろこれはと思うようなトンカチの音が響いたり。
叫び声なのか笑い声なのかわからん声が聞こえるわーと思ったら、パーティーしてたり。
全部が全部外国の方だとまでは思いませんけど、まあそういう方が多いのは事実。
それも昼夜問わずなものだから、うちも何度か管理組合に苦情を申し入れたことがある
ぐらいです。
でも、管理組合のおじさん達は、失礼な言い方ですが窓際中間管理職っぽい雰囲気満載。
やる気があるんだかないんだか。
英語なんて到底できませんから、日本語が不自由な住人相手ではまず意思の疎通が不能。
一応静かにしてください的な紙は入れたりしてくれてるらしいんですが、改善される
余地もイマイチなかったりします。

しかし郵便受けをのぞきに行ったら張り紙がされてました。

英語で!!

今まで日本語の張り紙しか見たことがなかったので、びっくりしました。
やればできるんやん、管理組合。
ちょびっとだけ本気が垣間見えて、今までの対応とは少し変化してるのがわかりました。

まだまだ問題は山積みなのよ。
この調子で頑張っていただきたいです。

もうすぐ雛祭り

20100225153745.jpg

こっちと。

20100225153813.jpg

こっち。
どちらがしっくりきますか?

私は、お内裏様が正面から見て右にあるほうがしっくりきます。
そう思われる方は、他にもいらっしゃるかも。
これ、関西と関東の大きな違いでもあるんだそうです。

左近の桜、右近の橘。
言葉は知ってましたが意味は知らなかったのでみんな大好きウィキペディアで
調べてみました。
京都御所にある紫宸殿(ししんでん、読めねぇ!)にある桜の木と橘の木の
ことを言うんだそうですが、昔の上座は左だったそうです。
左大臣と右大臣では左大臣のほうが偉い。
なんて素敵にジャパネスクに書いてたわそういえば。
宮中で何か公的な儀式がある時は、左大臣は紫宸殿正面の階段から見て左にある
桜の木の下に陣取り、右大臣は右にある橘の木の下に陣取ったそうです。
だから、古来の雛人形の立ち位置は、正面から見て右にお内裏様、左がお雛様。

でも、現在天皇皇后両陛下が何かで誰かと謁見されたりする時なんかは、天皇は
必ず正面から見て左に立ち、皇后は右。

これは、明治の文明開化で日本が西洋化したことが関わってくるのだそうです。
日本での立ち位置は西洋では真逆なのだそうで、大正天皇が即位する際西洋式に
習い、正面から見て左、つまり右に立って以来、その立ち位置が慣例化される
ようになりました。
明治天皇以降宮中は東京に移されましたので、即位式の様子にならってお内裏様を
正面から見て左に置くご家庭が多くなり、そのまま関東ではそれが定着。
一方関西は、頑固に昔の伝統を守って立ち位置逆。

要するにどっちでも構わないみたいです。
実家では「右や!」「いや左や!!」でプチバトルになったりしてましたけど。

しかし雛祭りの歌ってのは、「今日は楽しい雛祭り~♪」とか歌ってるくせに、
なんであんなにシンミリした曲調なんですかね。
あんまり楽しそうに聞こえないわ。

姫、行方不明

20100130125052.jpg

書こうか書くまいか、というよりは見に来てくださったりお世話になっている方々に
ご報告すべきかどうか悩んでいたことを、やっぱりご報告させていただきます。

モフモフ姫が、行方不明になりました。

元々ストリート出身ですから、今までも何度も脱走してきましたので、かなり気を
つけていたつもりでした。
でも、2月7日の夕方、父が洗濯物を取り込んでいる隙にベランダから逃亡。
以来、帰って来なくなってしまいました。
普段なら半日~2日ぐらい経てば、気が済んだ頃に帰ってくるんです。
でも、もう2週間以上になります。
4日目からは近所の方々も一緒になって探してくれ、相方にお願いしてビラも作成して、
お店や掲示板に張ってもらい、警察にも動物愛護センターにも連絡しました。
迷い猫専用のネット掲示板にも載せました。
ちょっと勇気がいりましたが、清掃局にも連絡をしました。
でも、いまだに全く手掛かりなしです。
目撃情報も何もなく、ただただ時間が過ぎるだけ。

王子の様子が、ちょっとおかしくなりました。
母や私の肩にのぼったら、降りずにずっと肩の上にいるようになりました。
鳴かない子だと思ってたのに、よく鳴くようになりました。
今まで鳴かなかったのではなく、おしゃべりな姫が全部必要なことは伝えていたから、
鳴く必要がなかったんだということを知りました。
私が外に向かって姫の名前を呼ぶと、必ず肩に乗ってきて一緒に鳴いて姫を呼びます。
王子が自分で毛づくろいをしているのを、初めて見ました。
おそらく生まれて初めて、自分で自分のことをしたのではないかと思います。
でも上手にできなくて、毛羽立った状態です。

姫がいなくなってから、家族全員が姫にどれだけ甘えてきたかを知りました。

よく、「猫は家につく」と言われますが、姫の場合はどちらかというと母についている
猫なので、今までも必ず逃げた時は庭や玄関でうるさいほど鳴いて母を呼んでいました。
母が姫の名前を呼ぶと、どんなに遠いところにいても必ず返事をする子です。
だからというわけではありませんが、自分の意思で帰ってこないということは、
姫の性格上あり得ない。
帰ることのできない状況であるとしか考えられません。
どこかでご飯をもらって、暖かい場所にいるのであれば、それでいいんですけども。

せめて、無事かどうかだけでも知りたいです。
だから捜索は諦めずに、し続けようと思っています。

週末、関西は雨だそうです。

姫、寒くなるから、早く帰っておいで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。